2013年11月14日

原発使用済み燃料、直接処分を研究 経産省

経済産業省は来年度予算の概算要求に、原発から出る使用済み燃料を地中に直接埋める「直接処分」の研究費を初めて盛り込む方針を固めた. 政府は今夏をめどにまとめる新たなエネルギー政策で、使用済み燃料をすべて再利用する「全量再処理」路線を見直す可能性が高く、直接処分の研究を進める. 政府と電力業界は、使用済み燃料を再処理し、もう一度使う「核燃料サイクル政策」を推進してきた. だが、東京電力福島第一原発事故を受け、この政策を見直さざるをえなくなった. 店舗 政府は2030年の原発割合など新たなエネルギー政策について、三つの選択肢を提示. 「0%」では再利用の必要がなくなるので直接処分、「15%」と「20~25%」は「再処理も直接処分もありうる」としている. いずれの選択肢を選んでも直接処分が検討対象になる. シャネル、2012-13年メティエダール
posted by InoueWakiko at 00:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください