2016年01月16日

スペインの銀行、資本不足最大6.2兆円

スペイン政府と中央銀行は21日、巨額の不良債権を抱える国内銀行の資本不足額が510億~620億ユーロ(約5.1兆~6.2兆円)にのぼると発表した. この結果を受けスペイン政府は数日中にも、欧州連合(EU)に銀行の資本増強のための支援を要請する. スペイン政府の依頼を受けた二つの民間コンサルティング会社が14銀行グループを対象に査定. サンタンデール、BBVA、カイシャ・バンクの3大銀行グループは資本注入の必要はないという. 21日にルクセンブルクで開かれたEUのユーロ圏財務相会合後に記者会見したユンケル議長(ルクセンブルク首相)は「月曜日(25日)までに正式な要請があるだろう」と述べた. AFP通信によると、フランスのモスコビシ財務相は「22日」との見方を示した. 大津市長選は15日告示され、いずれも無所属で、新顔の越直美氏、3選を目指す現職の目片信氏、新顔の東昌子氏が立候補を届け出た. 投票は22日. 即日開票される. 民主、社民、地域政党・対話の会推薦の越氏は嘉田由紀子知事との連携を強調し、知事支持層の取り込みを図る. 自民、公明推薦の目片氏は2期8年の実績を強調し、観光振興による「活力ある大津」づくりを訴える. 共産推薦の東氏は地元の診療所長を務めた経験から医療・福祉の充実と「脱原発」を訴える.
posted by InoueWakiko at 19:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。